夫婦別姓を認めない民法や戸籍法の規定は、法の下の平等を定めた憲法に反するとして、東京都内の事実婚の夫婦3組がそれぞれ起こした家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は18日までに…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加