東京地裁判決は、河井克行元法相が買収事件を主導し「民主主義の根幹である選挙の公正を著しく害した」と指弾した。

このエントリーをはてなブックマークに追加