いじめられる側にも原因(げんいん)があると言う人がいますが、これは完全に間違(まちが)いです。簡単(かんたん)な話です。もし何か原因があったとして、それを理由にいじめて良いわけがありません。そして、原因といわれるものは「気に入らない」とか「みんなと違(ちが)う」などいじめる側が作った勝手なものです。ニセのうわさ話や誤解(ごかい)もありえます。いじめられる側からはどうしようもありません。
 いじめる側には責任(せきにん)も原因もあります。いじめは犯罪(はんざい)です。叩(たた)く、蹴(け)るはもちろん、持ち物を隠(かく)す、壊(こわ)す、おどす、命令する、無視(むし)するなど、子どもだから許(ゆる)されるのではありません。相手の一生に影響(えいきょう)するような重大な責任があり、ずっと背(せ)おって行くことになる罪(つみ)です。
 日本ではいじめられる側ががまんしたり、転校せねばならなかったりしますが、海外ではいじめる側が退学(たいがく)や転校の処分(しょぶん)を受けます。ダメなことはダメと学ぶのが学校なので日本でもそうしなくてはならないはずです。
 いじめに無関係な人はいません。今、自分は関係無いと思っている人は、いじめを見過(みす)ごしていないか、自分のしていることがいじめではないか気にしてみて下さい。無ければ、新しく起こらないように周りに気を配り、いじめは許さないという意思表示(ひょうじ)を全員がし続けましょう。それをしないならばいじめる側と同じになります。いじめは、いじめる側の弱さの表れです。自分の弱さに気づき認(みと)めるのが強さです。いじめを利用して強がっていた人はすぐにやめてまず謝(あやま)りましょう。(浄土真宗本願寺派僧侶、日本思春期学会理事 古川潤哉)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加