政府に提言を提出後、記者に囲まれる新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(中央)=18日午後、東京都千代田区

 新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志は18日、東京五輪・パラリンピックについて「無観客開催は、会場内の感染拡大リスクが最も低く、望ましい開催方法である」とした提言を大会組織委員会に提出した。観客を入れる場合は他の大規模イベントの上限よりも厳しく制限する必要性を指摘し、拡大の予兆があれば無観客に切り替えることを求めた。政府にも提出した後、尾身氏が記者会見し説明する。

 政府は、大規模イベントの参加人数を制限する方針に沿って、東京などにある五輪会場の観客上限を1万人とする方向。専門家の意見をどこまで取り入れるのか注目される。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加