第103回全国高校野球選手権佐賀大会の組み合わせが17日、決まった。昨秋と今春の県大会を制した東明館をはじめ、佐賀学園、佐賀北、北陵のシード校を中心に激しい優勝争いが予想される。

 大会は7月10日に開幕し、決勝は同25日に行われる。会場は佐賀市のさがみどりの森球場と佐賀ブルースタジアムの2球場。全チームによる入場行進、開会式は行わず、選手宣誓などあいさつのみの開始式を初日に実施する。

 部員の保護者や学校関係者以外の観客の入場も認める。新型コロナウイルス感染防止策として検温を行い、座席の間隔を空け、発声を伴う応援は禁止する。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加