ラファエル・ナダル(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】男子テニスで元世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)が17日、自身のツイッターで東京五輪と28日開幕の四大大会、ウィンブルドン選手権(英国)を欠場すると発表した。

 13日閉幕の全仏オープンでは準決勝で敗れ、5連覇を逃した。35歳のベテランは「簡単な決断ではなかった。全仏からウィンブルドンの間に2週間しかなく、私の体が回復するのは簡単ではない」と投稿し、過密日程で体調の維持が難しいことを欠場の理由とした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加