多久市の定例議会は17日、本年度一般会計補正予算案や2019年8月の佐賀豪雨で地滑りが発生した林道の復旧工事の請負契約議案などを可決して閉会した。

 市議会の欠席理由に育児や介護、配偶者の出産補助を明記し、産休の期間を出産予定日の6週間前から産後8週間とする議員提出の会議規則改正案も可決した。(谷口大輔)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加