佐賀新聞社が県内主要企業60社に実施した2022年春の採用計画調査で、採用を「今春並み」と回答した企業は、前年調査比5ポイント増の45・0%だった。「増やす」は1・7ポイント減の26・7%、「減らす」が3・3ポイント減の15・0%で、新型コロナ禍の長期化で景況感に大きな変化がないことなどが採用意欲に影響しているとみられる。新型コロナの企業業績への影響が二極化する中、県内企業の採用動向も業種によって明暗が分かれている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加