佐賀県は16日午前11時、県内全域に食中毒注意報を発令した。期限は48時間で、発令は本年度初めて。

 食中毒注意報は時期によって発令基準が異なり、6月は最高気温27度以上、湿度80%以上の条件を基に発令される。県内では15日に最高気温と平均湿度で基準を超え、さらに16日は予想最高気温が28度、湿度が午前9時時点で96%になったため、発令した。

 本年度、県内での食中毒の発生はないが、県生活衛生課は「高温多湿の気象条件は繁殖に適している。食品の保存や手洗いなど対策を」と呼び掛けている。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加