大阪・ミナミを行き交うマスク姿の人たち=16日午後

 政府は16日、10都道府県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県で20日の期限をもって解除する方向で調整に入った。このうち北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の7都道府県はまん延防止等重点措置に移行する。沖縄の宣言延長と、7都道府県の重点措置の期限は7月11日まで。酒類提供は午後7時まで容認する方向だ。岡山、広島は重点措置に移行せず「完全解除」となる。17日の政府対策本部で決定する。政権幹部が明らかにした。

 変異株の影響による再拡大が懸念される中、7月23日開幕の東京五輪をにらみ、宣言解除を判断した可能性もある。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加