上野愛咲美女流棋聖

 囲碁の第8期会津中央病院・女流立葵杯の本戦トーナメントは16日、福島県会津若松市で挑戦者決定戦となる決勝が打たれ、上野愛咲美女流棋聖(19)が牛栄子三段(22)を破り、2期ぶりの挑戦を決めた。

 対局は持ち時間各2時間で行われ、上野女流棋聖が白番中押し勝ちを収めた。

 藤沢里菜女流立葵杯(22)との3番勝負第1局は18日に同所で打たれる。藤沢女流立葵杯は5連覇が懸かり、上野女流棋聖は初の女流立葵杯獲得を狙う。

このエントリーをはてなブックマークに追加