国会の裁判官訴追委員会で訴追されることが決まった岡口基一判事の代理人は16日、「罷免事由に該当するような行為は全くなく、決定は極めて遺憾。訴追は裁判官の独立、人権や表現の自由に対する重大な脅威だ」とするコメントを出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加