2020年度の国内紙巻きたばこ販売本数が1千億本を下回ったことが日本たばこ協会の集計で16日分かった。統計のある1990年度以降、1千億本割れは初めてで、前年度からの減少率は最大となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加