体操男子の2016年リオデジャネイロ五輪団体総合金メダリストで、“ひねり王子”の愛称で親しまれた白井健三(24)=日本体育大教員=が16日、横浜市の日体大で記者会見し「選手としての未練は一つもない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加