白井健三

 体操男子の16年リオ五輪団体総合金メダリストで、“ひねり王子”の愛称で親しまれた白井健三(24)=日本体育大教員=が16日、記者会見し「選手としての未練は一つもない。すごく恵まれた体操人生だった」と現役引退を表明した。6日までの代表選考争いで目標の東京五輪出場に届かず、既に男子体操競技部のコーチとして指導しているという。

 神奈川・岸根高2年の17歳で臨んだ13年世界選手権で新技「後方伸身宙返り4回ひねり」で種目別床運動を制して衝撃を与えた。東京五輪ではエース候補と期待されたが、近年は出来栄えの減点に苦しんでいたことに加え、左足首の故障などで低迷していた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加