佐賀県トラック協会は、7月10日から職域接種を行うことを明らかにした。7、8月の火曜と土曜の各6日間、佐賀市の同協会会議室で実施。協会加盟533社の従業員約3千人のうち、希望者2回ずつの接種を8月末までに終える予定。同協会は「エッセンシャルワーカーである会員の安全を第一に取り組んでいきたい」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加