東京五輪の野球日本代表に今季、米大リーグから楽天に復帰した田中将大投手やヤクルトの4番を務める村上宗隆内野手、新人ながら広島の抑えを任されている栗林良吏投手、昨季セ・リーグ新人王の広島の森下暢仁投手らが選出されたことが15日、分かった。代表に内定した24選手は16日に発表される。

 2019年秋の国際大会「プレミア12」に出場した選手が中心だが、村上らの他にソフトバンクの柳田悠岐外野手や捕手もできる外野手として栗原陵矢が新たに選ばれた。ともに故障明けで状態が心配された巨人の菅野智之投手と坂本勇人内野手も選出された。

 投打の軸として期待されるオリックスの山本由伸投手と広島の鈴木誠也外野手は順当に代表入り。昨年の不振から復活を期すDeNAの山崎康晃投手も選ばれた。

 投手陣は常連組に故障者が目立ち、フレッシュな顔触れになりそうだ。阪神勢から国際大会では貴重なサイドスローの青柳晃洋、左腕の岩崎優の両投手が代表入りし、救援には栗林や西武の平良海馬投手ら若手に期待がかかる。

 プレミア12に出場した中日の大野雄大投手、巨人の中川皓太投手、ソフトバンクの甲斐拓也捕手、広島の会沢翼捕手、ヤクルトの山田哲人内野手、楽天の浅村栄斗内野手、広島の菊池涼介内野手、オリックスの吉田正尚外野手、日本ハムの近藤健介外野手も選ばれ、新型コロナウイルスに感染して離脱していた西武の源田壮亮内野手も代表入りする見通し。

 東京五輪の野球は7月28日に福島市の福島県営あづま球場で開幕する。6チームで争われ、開催国の日本の他に予選を勝ち抜いた米国、韓国、メキシコ、イスラエルの出場が決まっている。最後の1枠はメキシコで22日から開催される最終予選で決まる。

このエントリーをはてなブックマークに追加