バレーボールのネーションズリーグ男子は15日、イタリアのリミニで1次リーグが行われ、日本はドイツに3―0で勝って6勝目(4敗)を挙げた。ドイツは4勝6敗。

 日本は第1セット、石川(ミラノ)の攻撃で着実に加点して25―18で先取した。第2セットは清水(パナソニック)の強打や小野寺(JT広島)の速攻が決まり、25―22で連取。第3セットは石川が要所でスパイクやサーブを決めて25―20で制した。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加