日本―キルギス 前半、ハットトリックを達成し、駆けだすオナイウ(15)=パナソニックスタジアム吹田

 日本―キルギス 後半、ヘディングでチーム4点目のゴールを決める佐々木(右端)=パナソニックスタジアム吹田

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組最終戦は15日、大阪・パナソニックスタジアム吹田などで行われ、日本はキルギスに5―1で快勝した。前半でオナイウ(横浜M)がハットトリックを達成し、後半は佐々木(広島)浅野(無所属)が加点した。

 既に同組1位で9月開始の最終予選進出を決めていた日本は8戦全勝、勝ち点24で2次予選を終えた。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング28位の日本に対し、99位のキルギスは勝ち点10のまま3位に後退した。

 F組のもう1試合はタジキスタンがミャンマーを下し、勝ち点13で2位。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加