7月24日に開通する「有明海沿岸道路」の芦刈南IC-福富IC間に架かる六角川大橋。手前が芦刈側(ドローン空撮)

 佐賀県の山口祥義知事は15日、自動車専用道路「有明海沿岸道路」の芦刈南インターチェンジ(IC)-福富IC間が7月24日に開通すると明らかにした。同日開会の6月定例県議会で「白石地区だけでなく、県南西部地域の産業や観光の振興、交通混雑緩和や救急搬送時間短縮など、暮らしの向上に寄与することを期待する」と述べた。

 有明海沿岸道路は延長55キロメートルで、大牟田市を起点に佐賀市などを経由して鹿島市に通じる。広域交通網を形成し、並行する国道208号の渋滞緩和や交通安全の確保を目指している。(円田浩二)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加