現役を引退し、記者会見するラグビー元日本代表の五郎丸歩=14日午前、浜松市

 ラグビーの2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会で活躍し、今季限りで現役を退いた元日本代表FBの五郎丸歩(35)=佐賀工高出身、ヤマハ発動機=が14日、浜松市内で引退記者会見し「すっきりした気持ち。後悔は一つもない。やり尽くした」と心境を語った。

 今後は、22年1月に始まる新リーグに向けてヤマハ発動機が立ち上げる新会社の一員としてチーム運営に携わる方針。「海外のクラブも経験し、現役の時からマネジメントに関心を持っていた。最終的には社長になれるまでの実力をつけていきたい」と目標を掲げた。その上で「指導者として現場に戻らない決意を持っている」と覚悟を示した。

 日本代表57キャップ。15年W杯では初戦の南アフリカ戦で24得点をマークし、歴史的勝利の立役者となった。自身のベストプレーとしてこの大会の第2戦、敗れたスコットランド戦でトライを防いだタックルを挙げて「責任を大きく果たしたプレー」と振り返った。

 プレースキックの際に手を合わせる独特のポーズでも注目を集め、日本ラグビー界の人気をけん引する存在だった。今季はトップリーグで4試合に出場し、プレーオフトーナメントはけがで出番がなかった。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加