九州電力は14日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事に従事する請負会社の20代男性社員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。

 九電によると、男性は13日に発表した感染者の同僚で、同じ車両で通勤していた。11日まで勤務し、県外の帰省先で微熱などの症状が出て、14日に医療機関で受けたPCR検査で陽性と判明した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加