死去した小林亜星さん

 TBSドラマ「寺内貫太郎一家’98秋」制作発表に出席した樹木希林さん(右)と小林亜星さん=1998年9月、東京都内

 TBSドラマ「寺内貫太郎一家2」の出演者らと写真に納まる小林亜星さん(前列中央)=1975年3月、東京都内

 「北の宿から」などで知られる作曲家で、ドラマ「寺内貫太郎一家」の主演でも親しまれた小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため東京都内の病院で死去した。所属事務所などが14日、明らかにした。88歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。

 アニメ「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」などの主題歌を手掛けたほか、幼児番組で使われた「ピンポンパン体操」がヒット。「どこまでも行こう」「日立の樹(この木なんの木)」など数千曲ともいわれるCMソングを作曲、親しまれた。

 都はるみさんが歌った「北の宿から」で1976年に日本レコード大賞を受賞した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加