嬉野市は15日から、住民税などをスマートフォンのアプリを使って納付できるサービスを導入する。市役所の窓口や金融機関などに出向くことなく、24時間いつでも支払いができる。

 納付できるのは、住民税、固定資産税、国民健康保険税、保育料、後期高齢者医療保険料、住宅使用料。アプリをダウンロードしたスマホで、納付書に印刷されたバーコードを読み取って決済する。PayPay(ペイペイ)とLINEPay(ラインペイ)が利用できる。納付額が30万円を超えると利用できない。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加