【コーンウォール共同】米政府は12日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)が発展途上国のインフラ整備を支援する新構想で合意したと発表した。中国の習近平指導部が進める巨大経済圏構想「一帯一路」への対抗策となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加