【ジャカルタ共同】インドネシア環境・林業省は12日、世界で唯一、ジャワ島西端の国立公園で生息が確認されている絶滅危惧種のジャワサイの赤ちゃん2頭が自然繁殖で誕生しているのを確認したと明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加