嬉野市は小中学校の教職員や保育所、幼稚園などの職員らに優先接種する。17、18日を中心に、65歳以上の集団接種が行われている会場で実施する。

 接種の対象年齢でない子どもらを守り、クラスターの発生を防ぐ狙い。対象は市内の小中学校、保育施設などに勤務する市内在住の希望者。教職員や給食センターの調理員、保育所や幼稚園などの職員、放課後児童クラブの支援員らで約250人が接種する見込み。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加