佐賀インターナショナルバルーンフェスタで使われた熱気球の球皮を再利用して作られたトートバッグ(県提供)

 熱気球の球皮を再利用したバッグ「HOZUBAG(ホズバッグ)」が、佐賀市川副町の佐賀空港内の「sagair(サガエアー)」で販売されています。バッグはサコッシュとトートバッグの2種類で、それぞれ赤、黒、白の3色。軽くて耐久性も優れています。

 佐賀市の熱気球チームの於保直隆さん(73)と江口扶美雄さん(77)は「愛着があるバルーンが生まれ変わった」と喜んでいます。価格はサコッシュが3850円、トートバッグが5390円。

 サガエアーを運営するさが県産品流通デザイン公社は、熱気球記念日(5日)に合わせたキャンペーンも実施。県公式のECモール「SAGAマルシェ」での数量限定販売や、公式ツイッター「さがぴん」では抽選でバッグをプレゼントします。プレゼント企画は20日まで。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加