JA杯第36回佐賀新聞学童オリンピック大会ソフトテニス競技(佐賀新聞社・佐賀県ソフトテニス連盟主催、JAグループ佐賀特別協賛)は12日、嬉野市の嬉野みゆき公園テニスコートで開く。男子12チーム、女子17チームの計186人が熱戦を繰り広げる。

 試合はダブルス3組による団体トーナメント。男子の優勝争いは5月の全日本小学生選手権大会・西日本大会県予選を制した石井礼都・森旺亮を擁する桜ジュニア(小城市)が中心。女子は同大会を制した杉原澄・野中梨穂を擁する鹿島ジュニアA(鹿島市)を軸とした上位争いとなりそうだ。

 今回、出場する選手たちにお笑い芸人のはなわさんらが、エールを送る応援メッセージ動画を制作しました。ご覧ください。

 

 大会を前に出場選手を紹介する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加