厚生労働省が新型コロナウイルスワクチンの接種対象を従来の16歳以上から12歳以上に引き下げたことを受け、唐津市は10日、中学1年から高校3年までの希望者を対象に、学校ごとの集団接種を検討していることを明らかにした。実施する場合の時期は未定で、小学生については医療機関での個別接種で対応する方針。

 定例市議会一般質問で、伊藤泰彦議員の質問に田中寿幸保健福祉部長が「中高生の学校での集団接種を想定している」と答弁した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加