佐賀新聞ひびの情報面で毎週土曜掲載の医療コラム「診察室から」では、脳神経内科とリハビリテーション科を専門とする医師が取り扱うテーマのリクエストを募集している。両方の診療科に通じるJCHO佐賀中部病院の南里悠介部長が、読者の疑問に分かりやすく答える。

 脳卒中やアルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、ギラン・バレー症候群(末梢=まっしょう=神経障害)、急性意識障害、てんかん、髄膜炎や脳炎など脳神経内科に関わる病気のほか、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、誤嚥(ごえん)性肺炎の予防や音楽療法などのリハビリテーション医学まで幅広くカバー。日ごろの診察ではなかなか質問ができないといった悩みに役立つ。

 質問やリクエストはメールで件名に「佐賀新聞『診察室から』南里担当回」と明記し、media@saga-s.co.jpへ。

 応募はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加