高校生との練習で心身ともに鍛える百崎暖さん

 江北中3年の百崎暖さん(15)は、本年度、水泳(水球)競技で有望な選手を支援する佐賀県の「SSPホープアスリート」に認定されました。普段は学校が終わってから、JRとバスを乗り継いで佐賀市内の練習場所へ通っています。

 「水中の格闘技」ともいわれる水球。県内に中学生のチームはないので、高校生に交じって練習しています。午後8時までの練習は体力的にも相当きついはずですが、「水球は楽しいです」と笑顔で話します。

 担任の内山啓子教諭は、百崎さんが3年生になってから、いろんなことに積極的に取り組んでいる様子を教えてくださいました。来年は佐賀東高へ入学して、水球をもっと頑張りたいそうです。活躍を期待しています。(地域レポーター・武富由美=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加