テレビ会議システムを使い、初めてリモートで行った租税教室=鳥栖市の麓小

 子どもたちに税金(ぜいきん)の使われ方などを知ってもらう「租税(そぜい)教室」が4日、鳥栖市(とすし)の麓(ふもと)小(木村嘉身校長)で開かれました。佐賀(さが)税務署(ぜいむしょ)がリモート形式で初めて開き、6年生約90人がクイズやアニメを交えながら身近な税(ぜい)の役割(やくわり)について学びました。
 租税教室は税務署や法人会などが佐賀県(さがけん)内全校で行っていましたが、昨年は新型コロナウイルスの影響(えいきょう)で開催(かいさい)できませんでした。このため、オンライン形式で検討(けんとう)して鳥栖市の麓小と若葉(わかば)小で初めて試みました。
 福岡(ふくおか)国税局(こくぜいきょく)にいる古賀浩次・税務(ぜいむ)広報(こうほう)広聴(こうちょう)官がテレビ会議を通じて講師(こうし)を務(つと)め、日本に税金が約50種類あることや、小学生1人当たりの教育費に年間約88万5000円の税金が使われていることを紹介(しょうかい)しました。税金がないと消防(しょうぼう)やごみ収集(しゅうしゅう)などあらゆる公共サービスが無償(むしょう)で受けられなくなるという内容(ないよう)のアニメも見て、税の役割を学びました。
 山口璃空(りく)君と大嶌彩心(おおしまあこ)さんは、税が警察(けいさつ)や道路工事、信号などにも使われていることを知ったといい、「一人一人が税金を払(はら)うことで、大きな役に立っているのが分かった」と話していました。(5日付17面・樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加