佐賀県は9日、県営の新型コロナウイルスワクチン大規模接種の予約受け付けを始めた。福祉施設の介護従事者らはクラスター(感染者集団)発生防止の観点から年齢を問わず接種できるため、初日は約50カ所の福祉施設から約300人分の申請があった。

 これまでに新型コロナのワクチン接種を受けたことがない65歳以上の高齢者と、高齢者施設や障害者施設の介護従事者らを対象にしている。9日午後5時現在で約50施設から申請があり、県側で内容を確認した上で予約を確定させる。高齢者は往復はがきでのみ受け付け、これから順次届くとみられる。

 県接種支援会場コールセンターへの問い合わせは、9日午後5時現在で56件だった。施設関係者が接種対象かどうかを確認したり、高齢者が制度の内容や予約方法を尋ねたりした。

 接種会場は県庁新館1階の県民ホールで、日時は6月19日から8月8日までの土日曜、計4千人が2回の接種を受けられる。県ワクチン接種調整チームは「まだ空きがあるので予約を」と呼び掛けている。

 問い合わせはコールセンター、電話0570(024)037=午前9時から午後5時まで。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加