佐賀県は、民間業者との契約書類をオンラインでやりとりする「電子契約」の実証実験を始める。書類や印鑑、郵送といった紙による現在の契約と比較し、効率性やコスト、安全性を検証する。実験は6月から8月末までで、2021年度内の本格導入を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加