今年初の猛暑日を記録した佐賀県内。アスファルトが熱されて「逃げ水」現象も見られた=9日午後1時ごろ、佐賀市の佐賀大本庄キャンパス付近

 日本列島は9日、広い範囲で高気圧に覆われて晴れ間が広がり、東日本から西日本にかけて気温が上昇し、全国3地点で今年初めて35度以上の猛暑日になった。佐賀市駅前中央では全国で2番目に高い35・1度を記録した。

 佐賀地方気象台によると、杵島郡白石町は34・2度で全国6番目の暑さだった。嬉野市は33・1度、佐賀空港では32・7度、伊万里市では30・6度を観測した。福岡県久留米市(35・6度)と大分県日田市(35・1度)も猛暑日になった。

 気象台は、10日も高気圧に覆われて30度以上の真夏日になるとみており、日中の最高気温は南部で33度、北部で31度を予想している。湿度が高くなる恐れもあり、熱中症への注意を呼び掛けている。

 県内五つの消防本部によると、10~90代の男女7人を熱中症の疑いで搬送した。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加