感謝状を受け取った(左から)村山義幸支店長、岩本卓さん、夕貴さん=唐津市の唐津署

感謝状を受け取る九州労働金庫唐津支店の村山善幸支店長(中央)=唐津署

感謝状を受けたファミリーマート唐津佐志店店長の岩本卓さん(左)と同店マネージャーの岩本夕貴さん(中央)=唐津署

 唐津署は8日、唐津市内でニセ電話詐欺や架空請求詐欺の阻止に貢献した九州労働金庫唐津支店とファミリーマート唐津佐志店の店長岩本卓さん(32)、妻の夕貴さん(32)に感謝状を贈った。

 九州労働金庫唐津支店は5月17日、窓口で市内の80代女性が「350万円を引き出したい」と申し出た際、職員が連携して使用目的を聞いたり女性の息子に連絡したりするなど対応した。ニセ電話詐欺だったことが判明し、被害を未然に防いだ。

 岩本さん夫婦は5月18日、市内の70代女性の来客が携帯電話の画面を見せながら電子ギフト券の購入方法を尋ねた際、表示されていた内容を不審に思って警察に通報した。

 贈呈式で、平野欽也署長から感謝状を受け取った同支店の村山義幸支店長は「支店全体で感謝状をいただき誇らしく思う。さらに取り組みを強化していく」と話した。岩本さん夫婦は「すごく光栄。お客さまが被害に遭わず、安心というサービスを提供できて良かった」と口をそろえた。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加