県の大規模接種のスケジュール

 佐賀県は9日から、県の新型コロナウイルスワクチン大規模接種の予約を受け付ける。これまでに接種を受けたことがない65歳以上の高齢者と福祉施設の介護従事者らが対象で、6月19日から8月8日までに計4千人が2回の接種を受けられる。高齢者は往復はがきでのみ申し込むことができ、介護従事者らは各施設を通じての申請になる。

 会場は県庁新館1階の県民ホールで、名称は「接種支援会場」。使用するのは米モデルナ製で、4週間の間隔を空けて2回接種を受ける必要がある。接種スケジュールは1回目が6月19日から7月11日までの土日曜、2回目はそれぞれの4週間後に当たる7月17日から8月8日の土日曜。

 高齢者の接種は市町主体で進められており、早く接種する必要があるなど特別な事情がある場合に県営接種を利用するように呼び掛けている。県によると、県内の高齢者施設と障害者施設は約4千カ所あり、従事者は約2万9千人に上る。山口祥義知事は8日の対策本部会議で「施設の従事者が感染すると、入所者が感染して対策が大変になる。そこをまず防ぐことが戦略的に重要」と強調した。

 接種の経費は約5億円。このうち4億円は6月補正予算案に計上、約1億円は予備費で対応する。

 往復はがきでの申請は氏名や電話番号、市町から届いた10桁の接種券番号、接種可能な日程(最多で8日程まで選択可能)などを記入する必要がある。先着順で、結果は返信はがきで知らせる。詳細は県のウェブサイトで紹介している。手続きの問い合わせは県接種支援会場コールセンター、電話0570(024)037=午前9時から午後5時まで。(円田浩二)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加