イスラム教徒の一家に車が突っ込んだ現場を訪れた親子=8日、カナダ東部オンタリオ州ロンドン市(カナディアンプレス提供・AP=共同)

 【ニューヨーク共同】カナダ東部オンタリオ州ロンドン市で6日夜、交差点で信号待ちをしていたイスラム教徒の一家にピックアップトラックが突っ込み、15歳から74歳の4人が死亡、男児(9)が重傷を負った。警察は8日までにイスラム教徒を狙った憎悪犯罪(ヘイトクライム)だと断定、殺人容疑などで運転していた男(20)を逮捕した。地元メディアが伝えた。

 トルドー首相は8日の議会演説で、事件を「憎悪に基づくテロ行為だ。残忍で卑劣だ」などと糾弾。背景にはカナダでのイスラム教徒に対する反感の高まりがあるとして、極右団体の取り締まりなど憎悪犯罪対策を強化する姿勢を示した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加