働く女性からの相談を受け付ける担当者=佐賀市の連合佐賀事務所

 連合佐賀は8日、働く女性を対象にした無料の電話相談を始めた。アドバイザーら6人が、パワハラなど職場での悩みを受け付けている。9日まで。

 6月の「男女平等月間」に合わせた取り組みの一環で、全国一斉に実施。初日の8日は、佐賀市の連合佐賀事務所で担当者が相談に対応し、勤務時間の制限や妊娠出産を巡るマタニティーハラスメントに関する相談などが寄せられた。

 連合佐賀によると、例年パワハラに関する相談が最も多いという。相談は通年でも受け付けており、最近では性差別や新型コロナウイルス関連の相談も寄せられたという。

 高祖和彦副事務局長は、パートタイムや非正規の労働者からの相談が多いとした上で、「自分の会社や職場には相談しにくいと思うので、気軽に電話してほしい」と呼び掛けている。

 相談時間は午前10時から午後7時までで、フリーダイヤル(0120)154052。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加