佐賀南署は8日、入管難民法違反(偽造在留カード所持)の疑いで、ベトナム国籍の佐賀市川副町福富、アルバイト従業員の男(30)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は4月26日、行使する目的で、自宅で偽造在留カード1枚を所持していた疑い。

 同署によると、カードの在留資格欄には「定住者」になるなどしており、県警科学捜査研究所の鑑定で偽造と判明した。男は、同法違反(旅券不携帯、不法残留)容疑で2度逮捕されていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加