自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画で、佐賀県と県有明海漁協が空港開港時に締結した自衛隊との空港共用を禁じる公害防止協定覚書付属資料に関し、秀島敏行市長は7日、協定立会人だった旧佐賀郡南部3町の首長の立場を市長は引き継いでいるとして「退任後、次の方がその役割を持つ」との見解を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加