日本ホッケー協会は7日、東京五輪代表男女各16人を発表し、佐賀県関係では女子代表「さくらジャパン」に、伊万里商高(現伊万里実高)出身のFW鳥山麻衣(26)=奈良・南都銀行=が選ばれた。

 鳥山は157センチ、46キロ。伊万里小4年の頃に競技を始め、伊万里中3年の時には16歳以下の日本代表に選ばれた。高校2年の時には18歳以下の日本代表に選出され、海外勢との試合も経験。3年時の北部九州総体(2013年)では8強入りを果たした。

 伊万里商高から東海学院大(岐阜)に進み、現在は日本リーグの強豪・南都銀行でプレーする。鳥山は「五輪は小さい頃からの夢だったので、うれしい気持ちでいっぱい。周囲から『おめでとう』と言ってもらい、実感が湧いてきた。応援してくれる人たちに結果で応えたい」と力強く語った。(古川公弥)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加