行方不明者の発見で感謝状を受け取った河野忠敏さん=佐賀市の佐賀南署

 行方不明だった高齢女性の保護に貢献したとして、佐賀南署は3日、佐賀県警嘱託犬指導手として活動する河野忠敏さん(63)=多久市=に感謝状を贈った。警察犬の捜索で見つからなかったが、車で帰宅している時に発見した。

 同署によると、5月中旬に70代女性が佐賀市内の親類宅から行方が分からなくなり、河野さんが指導する警察犬モカ(シェパード)に捜索要請があった。市内を約2時間40分間にわたって捜索したが、発見に至らなかった。

 河野さんは車にモカを乗せて帰宅中、小城市内の路上で花柄もんぺを着た女性を見掛けた。着衣などの特徴が行方不明の女性と合致していて、Uターンして声を掛けるとともに警察に通報した。

 モカとの捜索を終えてから約30分後の出来事で、河野さんは「成果を得られなかったので、責任を果たせてほっとした」と話した。(松岡蒼大)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加