男子鉄棒予選でH難度の離れ技「ブレトシュナイダー」を決める内村航平の連続合成写真(左下から時計回り)=高崎アリーナ

 体操の東京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本種目別選手権は5日、群馬県の高崎アリーナで開幕して予選が行われ、男子は種目別鉄棒に絞って個人枠で4大会連続の五輪出場を狙う内村航平(ジョイカル)が高得点の15・766点を出してトップとなり、6日の決勝に進んだ。H難度の離れ技「ブレトシュナイダー」を決め、着地も止める完璧な演技を見せた。佐賀県勢は女子の種目別跳馬で、曽根崎しずく(鳥栖高)が予選7位で決勝進出。田島やまぶき(同)は予選11位だった。

 日本男子の個人枠は現状一つで、4月の全日本選手権と5月のNHK杯、今大会の結果で代表が決まる。1枠を内村と争う跳馬の米倉英信(徳洲会)は15・016点で2位通過。個人枠の選考は日本協会が策定した基準点を上回ればポイントを獲得し、暫定合計で150ポイントに上積みした内村が140ポイントの米倉をリードした。

 4人の団体総合メンバーのうち残り2人は今大会までの成績を踏まえ、チーム貢献度で選ばれる。リードするNHK杯3位の谷川航(セントラルスポーツ)は平行棒、6位の杉野正尭(徳洲会)はあん馬と鉄棒、9位の北園丈琉(徳洲会)は床運動やあん馬、平行棒、鉄棒で決勝に進んだ。

 女子は五輪代表の村上茉愛(日体ク)が跳馬、平均台で1位通過した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加