JR九州は4日、博多発佐世保行きの特急みどり25号で運転技能訓練の監督をしていた指導運転士が走行中に運転室を離れていたと発表した。

 JR九州によると5月19日、30代の男性指導運転士は走行中に吐き気をもよおし、三間坂駅-上有田駅間で約2分間、トイレに立った。その間、運転士見習いの20代男性が一人で運転した。

 見習い運転士が2日に本社へ申告した。列車の遅延や乗客約30人にけがはなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加