暴力団関係者に捜査情報を漏らしたとして、佐賀県警は4日、警察署に勤務する30代の男性巡査長を地方公務員法違反(守秘義務)の疑いで佐賀地検に書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。書類送検と処分はいずれも4日付。

 書類送検容疑は、今年3月下旬、警察署内で暴力団関係者1人に対し、覚醒剤取締法違反の事件に関連する情報を口頭で伝えた疑い。巡査長は「暴力団関係者に情報を漏らしたことは間違いない」と認めている。

 県警監察課によると、同署の別の署員に対して3月下旬ごろ、第三者から情報提供があり、捜査を進めてきた。漏えいしたのは差し押さえに関する情報で、見返りはなく、捜査への支障もなかったとしている。暴力団関係者と巡査長は面識があった。

 巡査長は県警の聴き取りに対し「あまり深く考えずに話してしまった。暴力団関係者と関係を構築し、警察として役立つ情報を取りたいという気持ちがあった」とし「(警察の)信頼を裏切ることになって申し訳ない」と話している。

 原尚士首席監察官は「職員がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾で、厳正に処分した。今後はより一層、全職員への指導、教養や業務管理の徹底を図るなどし、再発防止に努めていく」とコメントした。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加