「はがき新聞」に取り組んでみませんか?

 はがき新聞リレー第4回の2回目は大野原小中学校の小学生上学年です。三槻先生のコメント(前回掲載(けいさい))にもあったように、これまでのNIE学習を生かして、見出しの表現(ひょうげん)、記事の書き方など工夫(くふう)が凝(こ)らされていて、まとまりのあるはがき新聞になっています。一枚(まい)一枚見応(みごた)えのある仕上がりです。
 「一芯(しん)三葉」という茶葉の摘(つ)み方の説明があり、ペアになった下級生を気に掛(か)けながら作業をしたことも詳(くわ)しく書かれています。上学年としての自覚や、中学生や大人へのあこがれを込(こ)めた一文もあります。このような身近な体験を通して、地域(ちいき)の人々や産業・産物への親しみを感じ、誇(ほこ)りが育まれるのだろうと思います。

【お茶摘み体験をしたよ(2)】

峯 彩莉さん
池田 魁利さん

 

山崎 四季さん
坂田 真凜さん

 

峯 漣心さん
白似田 悠希さん

 

田中 朱明さん
田中 愛莉さん

 

峰松 希羽さん

 

上級生と下級生がペアで作業した茶摘みの様子=嬉野市
上級生と下級生が協力して茶摘みをする大野原小児童

 

 

 

 

 

 

 

募集

 はがき新聞リレーへの参加校を募集しています。学校行事などにあわせて作成されたはがき新聞を学校ごとにまとめて掲載し、リレーのようにつなげていきます。申し込みや問い合わせは佐賀新聞メディア局コンテンツ部NIE推進担当多久島、電話0952(28)2162へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加