17年ぶりに武雄に赴任してまず見たものがある。御船山梅林の入り口に立つ画碑だ。武雄市出身の画家の故北川重春氏を顕彰している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加