サガン鳥栖の中野伸哉選手の横断幕を作成した久保田町体育協会の関係者=佐賀市久保田町

 サッカー・J1サガン鳥栖で主力として活躍し、3月には東京五輪へ向けたU-24(24歳以下)日本代表に選ばれた佐賀市久保田町出身の高校3年生の中野伸哉選手を応援しようと、同町体育協会が久保田まちづくり協議会と共同で代表選出を祝う横断幕を作成した。

 横断幕は中野選手が代表に選ばれた3月に協会の中で提案があった。その後、承認されて5月に完成した。中野選手が卒園した久保田保育園のフェンスに設置されている。

 久保田町体育協会の夏秋道博会長(72)は「今後ますますの成長が期待される。いずれはワールドカップに出て、世界で活躍してほしい」と期待を込めた。(山田宏一郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加